取組事例・提案の紹介

年次有給休暇の取得促進・労働時間の調整

取組・提案者概要

取組者
病院単体での取組
法人名
医療法人財団 正友会
病院名
中村記念病院
法人(病院)の開設主体
医療法人
所在地
富山県氷見市島尾825
主たる医療機能の特徴
急性期機能
一般病床
病床数: 52
 
入院基本料:13対1
療養病床
病床数:
 
入院基本料:
結核病床
病床数:
 
入院基本料:
精神病床
病床数:
 
入院基本料:
その他病床
病床名:
 
病床数:
 
入院基本料:
続きを見る
一日あたりの平均外来患者数
115.1人(平成30年度数値)
一日あたりの平均在院患者数
26.8人(平成30年度数値)
一般病棟の平均在院日数
17日(平成30年度数値)
病床稼働率
51.6%(平成30年度数値)
職員総数
87人(平成30年度数値)
医師
4人
看護職
30人
医師事務作業補助者
0人
看護補助者
11人
医師の交代制勤務の有無
あり
看護師の交代勤務の状況
3交代制(変則含)
勤務環境改善についての表彰・認定等について
H29年富山県知事賞 富山県子宝モデル企業表彰                                                                  H30年氷見あったか子育て応援賞

吹出し

この取組を評価する

参考になった!

取り組んだ内容

【取組(1)】
Ⅲ.働きやすさ確保のための環境整備
3 風土・環境整備
その他
毎月ワークライフバランス委員会を開催し、看護部の課題を話し合いアンケートをとった。
【取組(2)】
Ⅰ.働き方・休み方改善
2 勤務負担軽減
その他
病棟スタッフの平均年齢が高いため、夜勤可能なスタッフを引き続き募集している。

取組のきっかけ、背景、取組前の問題点

・生き生きと働ける職場をめざしワークライフバランス推進に取り組み、離職防止につなげたい。
・有給休暇取得率が低い。

取組対象

  • 取組対象
    看護職
  • 取組の中心部署・人物
    ワークライフバランス委員会
  • 取組詳細
    看護師と総務の7名で構成
    毎月ワークライフバランス委員会を開催し、看護部の課題を話し合っている。看護部にアンケートをとったところ、「長期休暇が取れない」と思っている者が多いことが分かり、平等に取得できる誕生日休暇を勤務表に組んだ。
    次に、年度計画を立てるために、5日以上の連続した有給休暇を看護部内で休みが重ならないよう、希望を書くよう看護師各位に伝え、一年間の休暇希望用紙に記入してもらい、勤務表に組み込んだ。
    家庭の都合で夜勤免除や月単位の半日勤務にしたり家庭も仕事もできるように対応したケースもある。相談しやすい環境づくりもあり、何でも話してみようという風土になっている。
    病棟スタッフの平均年齢が49.6才と高いため、夜勤回数月8回を6回~8回に減らしていきたい。そのため、夜勤可能なスタッフを引き続き募集している。
    介護が必要となる家族を抱えるスタッフが増えてくることから、介護休暇について一度周知の機会を設けたが、再度周知の為の勉強会を設け、制度を活用できるように引き続き活動していく。

実施後の成果

Ⅰ.働き方・休み方改善_成果
1 労働時間管理 成果
年次有給休暇の取得率が上がっている
成果の出た対象 ☐医師,☐コメディカル,☑看護職
成果に影響を与えた取組 【取組(1)】
成果指標 平成25年17%→平成28年64.6%
Ⅰ.働き方・休み方改善_成果
1 労働時間管理 成果
休暇取得日数の不公平感が改善
成果の出た対象 ☐医師,☐コメディカル,☑看護職
成果に影響を与えた取組 【取組(1)】
成果指標 長期休暇希望を計画的に組み入れることにより、休暇取得日数の不公平感も改善された。
Ⅲ.働きやすさ確保のための環境整備_成果
4 人材の定着化 成果
今まで採用者がいない年度が続いたが、WLB推進活動をしてから毎年採用者が有り定着している。
成果の出た対象 ☐医師,☐コメディカル,☑看護職
成果に影響を与えた取組 【取組(1)】 【取組(2)】
成果指標 離職率0%が2年間続いている。

これまでの取組成果に対する院内の声・反応

・有給休暇で「家族旅行をした」「誕生日のお祝いをしてもらった」などのうれしい報告があった。
・平成29年は5日間の希望を記入してもらった。長期休暇希望を計画的に組み入れることにより、休暇取得日数の不公平感も改善された。
・今まで採用者がいない年度が続いたが、WLB推進活動をしてから毎年採用者が有り定着している。離職率0%が2年間続いている。

今後の課題等について

・年初めに長期有給希望を記入するのは定期的になったが、その時点では、まだ計画は立てられないので記入しない看護師への対応についても検討する必要がある。
・病棟では毎月勤務希望を取っているので、3連休程度ならいつでも取れるため、年初めには計画が立たないこともあり、年間の連続した長期休暇を希望する者は約半数しかいない。各部署によって事情もある為、有効なリフレッシュ休暇について再考が必要かもしれない。