取組事例・提案の紹介

勤務環境の整備による職員の定着

取組・提案者概要

取組者
病院単体での取組
法人名
一般財団法人 佐野メディカルセンター
病院名
佐野市民病院
法人(病院)の開設主体
その他(公益法人、私立学校法人、社会福祉法人、医療生協、会社、その他の法人)
所在地
栃木県佐野市田沼町1832-1
主たる医療機能の特徴
急性期機能
一般病床
病床数: 164
 
入院基本料:7対1
療養病床
病床数: 94
 
入院基本料:療養病棟入院基本料1
結核病床
病床数:
 
入院基本料:
精神病床
病床数:
 
入院基本料:
その他病床
病床名:
 
病床数:
 
入院基本料:
続きを見る
一日あたりの平均外来患者数
307人(平成28年度数値)
一日あたりの平均在院患者数
160.4人(平成28年度数値)
一般病棟の平均在院日数
11日(平成28年度数値)
病床稼働率
82%(平成28年度数値)
職員総数
355人(平成28年度数値)
医師
15人
看護職
76人
医師事務作業補助者
6人
看護補助者
11人
医師の交代制勤務の有無
なし
看護師の交代勤務の状況
2交代制(変則含)
勤務環境改善についての表彰・認定等について
なし

吹出し

この取組を評価する

参考になった!

取り組んだ内容

【取組(1)】
Ⅱ.職員の健康支援
2 労働安全
衛生委員会を設置し、毎月1回以上開催している
【取組(2)】
Ⅲ.働きやすさ確保のための環境整備
1 仕事と子育て・介護等の両立支援
院内保育所や提携保育所等を整備している

取組のきっかけ、背景、取組前の問題点

 結婚、出産を機に退職、勤務条件変更をせざるを得ない職員が多くいる状況で、可能な限り職員の定着を図ることを目的として取り組んだ。

取組対象

  • 取組対象
    医師,コメディカル,看護職
  • 取組の中心部署・人物
    総務課
  • 取組詳細
    【労働安全】
     月に1回、安全衛生委員会を開催している。職場環境の安全保持、職員の健康管理等の議論をし、職員の安全衛生管理を行っている。
    【仕事と子育て・介護等の両立支援】
     出産により退職せざるを得ない状況を防ぐ為、院内に職員専用保育所を設置し、長期的に働ける環境整備を図っている。

実施後の成果

Ⅲ.働きやすさ確保のための環境整備_成果
1 仕事と子育て・介護等の両立支援 成果
院内保育所等を整備している
成果の出た対象 ☑医師,☑コメディカル,☑看護職
成果に影響を与えた取組 【取組(2)】
成果指標 【院内保育所利用者】
・院内保育所開設から、常時20人程度の預かりを行っている。0,1,2歳児の預かりが増えており、認可保育園で受け入れができなかった子供を持つ親が預けており、育児休業を延長することなく勤務に復帰できている。

これまでの取組成果に対する院内の声・反応

 院内保育所については、24時間365日利用可能である為、出産後も引き続き常勤として勤務することができる。また、0歳2カ月から利用可能である為、育児休業を繰り上げて復帰することもできる。

今後の課題等について

【院内保育所の維持】
・保育士の勤務負担が毎年増えてきているので、保育士不足も改善する必要がある。