タスク・シフティング等勤務環境改善推進事業

タスク・シフティング等勤務環境改善推進事業

事業概要

タスク・シフティングなどの勤務環境改善の先進的取組を行う医療機関に必要経費を補助するとともに、当該取組の効果・課題について検証・評価し、周知することにより先進的取組の普及を図る。

医療関係団体が、医療機関向けの会議開催や好事例の普及等を通じて、医師等の勤務環境改善に資する取り組みを行う場合の必要な経費に対する支援を実施。

補助金内容

―個別医療機関における勤務環境改善に係る先進的取組

医師の実施している業務を他の職種へ移管することや、当直明けの勤務負担の緩和、勤務間インターバル制度等の導入などの勤務環境改善に取り組んでいる医療機関に対し、以下のように追加的費用のかかる病院内での新たな取組を実施する場合の財政的支援

ICT等勤務環境改善に資する機器の導入、勤務間インターバルの導入、当直明け勤務負担の緩和、助言等

医師事務作業補助者の研修の受講

医師事務作業補助者の直接雇用

看護補助者の直接雇用

医療関係団体等(学会や市民団体、患者団体等、医療に携わる団体を含む)における医療機関の勤務環境改善の普及促進を目的とした会議等の開催(勤務環境改善普及事業)

補助金制度 詳しくはこちら

本事業における取組事例の紹介

  • 令和元年度の事業における取組結果の概況は以下の通りです。
    (当該取組は令和元年度中に実施された取組の現在の速報値です)
  • 勤務環境改善事業についてはICT機器の導入による取組が多くを占めています。
  • 取組結果の詳細および個別の好事例を抽出し、近日中に公開する予定です。
令和元年度の事業における取組結果の表
当該事業に関する好事例を収集次第公開
令和元年度の事業への
申込は終了しております。

お問い合わせ

タスク・シフティング等勤務環境改善推進事業事務局
mhlw_taskshift@tohmatsu.co.jp

WAMNET

いきサポ公式Facebook

いきサポ公式Twitter