勤務環境の改善とは

取り組みの必要性と基本方針

 人口減少、若い世代の職業意識の変化、医療ニーズの多様化に加え、医師等の偏在などを背景として医療機関による医療スタッフの確保が困難な中、質の高い医療サービス体制を構築するためには、勤務環境の改善を通じ、医療スタッフが健康で安心して働くことができる環境整備を促進することが重要です。
 そうした中で、厚生労働省委託事業による調査・研究や、関係審議会での議論を経て、平成26年10月1日には、医療機関の勤務環境改善に関する改正医療法の規定が施行され、各医療機関がPDCAサイクルにより計画的に勤務環境改善に取り組む仕組み(勤務環境改善マネジメントシステム)を導入すること等とされ、各医療機関における勤務環境改善マネジメントシステムの導入による、勤務環境の改善が期待されています。

本サイトについて

 本ウェブサイトでは、医療機関の勤務環境改善に関する法令や制度、調査研究、イベント等の各種情報、医療機関の勤務環境改善に関する取組事例 などを紹介しています。
 また、取組事例を投稿したり、掲載されている取組事例に対するコメントや勤務環境改善に向けた提案を投稿することができ、勤務環境改善に関する情報や意見交換の場としても活用していただけます

いきサポ公式Facebook

いきサポ公式Twitter