取組事例・提案の紹介

医師の確保・定着、女性医師の多様な勤務形態の運用

取組・提案者概要

取組者
病院単体での取組
法人名
社会福祉法人 聖隷福祉事業団 総合病院
病院名
聖隷三方原病院
法人(病院)の開設主体
その他(公益法人、私立学校法人、社会福祉法人、医療生協、会社、その他の法人)
所在地
静岡県浜松市北区三方原町3453
主たる医療機能の特徴
高度急性期機能
一般病床
病床数: 810
 
入院基本料:7対1
療養病床
病床数:
 
入院基本料:
結核病床
病床数: 20
 
入院基本料:7対1
精神病床
病床数: 104
 
入院基本料:10対1
その他病床
病床名:
 
病床数:
 
入院基本料:
続きを見る
一日あたりの平均外来患者数
1077.1人(平成29年度数値)
一日あたりの平均在院患者数
771.7人(平成29年度数値)
一般病棟の平均在院日数
15.2日(平成29年度数値)
病床稼働率
83.1%(平成29年度数値)
職員総数
1647人(平成30年度数値)
医師
182人
看護職
734人
医師事務作業補助者
59人
看護補助者
88人
医師の交代制勤務の有無
あり
看護師の交代勤務の状況
3交代制(変則含),2交代制(変則含),当直制,オンコール体制
勤務環境改善についての表彰・認定等について
・2014年2月 内閣府 第2回「カエルの星章」受賞
・2014年11月 次世代のための運動~ワーク・ライフ・バランス推進会議~公益社団法人日本生産性本部より 第8回「ワーク・ライフ・バランス大賞」を受賞した
・2015年12月 静岡県より 「ワーク・ライフ・バランスに配慮したイクボス活躍企業表彰」を受賞した
・2016年 女性活躍推進法に基づく認定マーク「えるぼし」の3段階目(最高ランク)取得
・2018年2月 経済産業省健康経営優良法人として「ホワイト500」認定された

吹出し

この取組を評価する

参考になった!

取り組んだ内容

【取組(1)】
Ⅲ.働きやすさ確保のための環境整備
1 仕事と子育て・介護等の両立支援
その他
育児中の女性医師本人から申し出があった時に、周囲の医師や、本人の評価などを勘案した上で特例を認めている。
【取組(2)】
Ⅰ.働き方・休み方改善
2 勤務負担軽減
チーム医療や多職種連携(業務分担・連携の強化等)により負担軽減を図っている
【取組(3)】
Ⅲ.働きやすさ確保のための環境整備
1 仕事と子育て・介護等の両立支援
院内保育所や提携保育所等を整備している
【取組(4)】
Ⅳ.働きがいの向上
1 キャリア形成支援
その他
公正な評価、処遇を目指して、評価者を集めて各部長の評価を行ったことがある。

取組のきっかけ、背景、取組前の問題点

1つ目は、医師の病院への帰属意識が薄いということ、2つ目は若い世代に女性医師が増えたため、医師確保が難しい現状では女性医師をうまく活用することが重要である。

取組対象

  • 取組対象
    医師
  • 取組の中心部署・人物
    理事長、院長
  • 取組詳細
    女性医師が急性期の勤務医として働き続けられるよう、支援したいと考えた。
    ○就業継続に向けた働き方の見直し
     勤務形態の改善として、育児中の女性医師本人から申し出があった時に、周囲の医師や、本人の評価などを勘案した上で特例を認めている。例えば、常勤は週5日が条件だが、それ未満でも常勤として認めたり、早く帰ることを認めたり、当直を免除したりなど、制度化はしていないが柔軟に対応している。
     体制や仕事配分における改善として、医師でなくてもできる仕事については、医師事務作業補助者を活用している。医師事務作業補助者の統括者に対しては、診療部門間で公平になるよう業務分担させるなど、気を配らせている。診断書のソフトを導入するなど、業務負担を軽くするよう努めている。
     また、子育て支援として、院内保育所があり、駐車場も育児期の職員を対象に最も職場から近い場所を優先的に確保している。
    ○働きがいのある職場づくり
     公正な評価、処遇を目指して、評価者を集めて各部長の評価を行ったことがある(結論としては、絶対評価ができず、評価が低かった人の納得感を得られず中止している)。

実施後の成果

Ⅲ.働きやすさ確保のための環境整備_成果
1 仕事と子育て・介護等の両立支援 成果
救急部はシフト制としたことで、女性医師も救急医として働くことが可能になった。
成果の出た対象 ☑医師,☐コメディカル,☐看護職
成果に影響を与えた取組 【取組(1)】 【取組(2)】 【取組(3)】 【取組(4)】
成果指標 救急科医師9名中女性医師が2名在籍(2018年4月時点)
過去5年間で医師の保育園利用数は8名(2018年4月時点)

これまでの取組成果に対する院内の声・反応

 救急部はシフト制としたことで、女性医師も救急医として働くことが可能になった。

今後の課題等について

 外科系診療科にも女性医師が来るような時代となってきた。ただ、すべての診療科をシフト制にするためには、ある程度の医師数を全診療科で確保しなければならず、確保の困難な小児科など、科によってはシフト制の導入が難しいところもある。
オンコールで呼ばれることの多い診療科の医師の負担が非常に大きいことも問題として残っている。
 このように、労働環境を改善しにくい診療科の医師に対しては、金銭面で処遇をしたいと考えているが、労働時間と金額の関係を誰もが納得できる形に調整することが難しく、課題となっている。年棒制なども視野に入れている。また、柔軟な勤務形態を認めた場合でも、夫の転勤などで結局長続きせず止めてしまう医師が多いという問題もある。